チャーブーの砂田

お食品訓練に行ってきた。
鉄のお鍋においてバッチリ煮たお野菜を、色んなお食品にチェンジさせるという内容。目から鱗ものの裏技や、意外な薬味の用法など、まったく勉強になった。

シトルリンDXの価格はどう?
も、本日一番勉強になったのは「野菜を心を込めて、優しくてうれしい気持ちで下回る」について。 みなさんはもちろん、そのお食品を採り入れる人のことを考えながら、情愛を秘めながら下回ることが大切だということ。
「たとえば子どもがいる自身なら、視線をつり上げて必死にお食品をしている夫人から、ひとつひとつの野菜をにこにこしながら切ってある夫人の方が、子どもが力一杯育つか?」
医者の言明にはっとした。
我々は子どもはいないけど、誰のために見つけるも、それが自分の結果だったとしても、おんなじことが呼べると思った。

毎日忙しくて、お食品も「どんなに早く仕立てるか」という感じになりがちだけど、取る自身への情愛を込めるって大切なことですな。

明日から、暖かい面持ちしてお食品見つけるように心がけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です